新着情報 News

マンションの窓やドアに断熱リフォーム


前回、マンションの床や壁の断熱リフォームについて解説しましたが、
今回は、熱の出入りが激しい窓や玄関のドアについて解説していきます!

マンションの窓やドアにできる断熱リフォーム

鉄筋コンクリートのマンションも壁や床に断熱材を入れれば、かなり暮らしやすくなりますが、
窓や玄関のドアからも熱が出入りします。

特に、窓は熱の出入りの半分程度を占めていますので、
ここに有効な断熱リフォームを施せば、より快適な生活を送ることができるでしょう。

窓の断熱リフォームで最も簡単なのは、窓ガラスの入れ替えです。
断熱性の高いガラスには、複層ガラスや遮熱複層ガラスなどがあります。
しかし、窓の断熱性をいくら高めても窓枠がアルミ製の場合、そこから多くの熱が出入りしてしまいます。

 

そこで、次に考えられるのが内窓の設置です。
窓枠の内側にもうひとつアルミサッシを取り付けて2重にしてしまうのです。
これで断熱性は大きく向上しますが、窓が増えたために開け締めに手間がかかり、
部屋も若干狭くなるという欠点があります。
それなら、サッシを増やすのではなく元のサッシを断熱性の高いものに交換すれば、問題は解決します。
しかし、実際にはサイズがぴったりの新しいサッシを入手するのは容易ではありません。
ちょうど合うサイズがなかった場合、窓枠の大きさをサッシのサイズに合わせなくてはいけないため、
外壁を取り壊すなど大掛かりな作業になってしまいます。

その欠点を克服すべく、最近では古い窓枠の内側に新しい窓枠をはめ込むカバー工法が開発されました。
これを用いれば、作業が簡単に終わる上に、窓の種類も自由に変えることができます。

窓と並んで玄関のドアも熱の出入りが激しい場所です。
ここは、断熱仕様のドアと交換することで断熱性が高まります。
ただ、ドア自体の交換はマンションの管理規約に抵触する場合があるので注意が必要です。
また、ドアの隙間からの空気の出入りが気になる場合は、
窓と同じようにカバー工法で新しい枠を取り付けるのがオススメです。

 

 

断熱するならマンションの1階、最上階、角部屋は要注意

何階に住むか、どの位置に住むかにより、マンションでも冬も夏も快適に過ごすことができます。
・冬が寒い―1階、最下階、北側の部屋
・夏が暑い―最上階、南西の部屋

 

角部屋は「寒さ」「暑さ」のどちらも影響
階数や位置による違いで
そのポイントは「外気」の影響をどう受けるかです!
壁の面積が広ければ広いほど熱が伝わりやすく、「暑い」「寒い」が影響します。
角部屋は外気と接する壁が多く、面積も広くなる分、寒さも暑さも感じやすくなります。
窓が二方向にある場合だと、さらに外気の影響は大きくなります。
それ以外の部屋であれば、両隣に部屋があるため比較的、外気の影響を受けず快適に過ごしやすくなりますので、
「1階」「最上階」「角部屋」のマンションを購入される場合は、これらの点に注意しましょう。

 

 

快適なマンションライフを実現する断熱リフォーム

もともとマンションは、何の対策もしていないと夏は暑く、冬は寒いものです。
だからといって、エアコンや床暖房をつけっぱなしにしていると光熱費がかさんでしまいます。
一方、断熱リフォームを行えば一時的にコストはかかりますが、
エアコンや暖房にあまり頼らずにすむようになり結果的にリーズナブルで、
快適な生活を送ることができます。
夏や冬の光熱費が高すぎると思ったならば、
マンションの断熱対策がどうなっているかを調べた上で、
断熱リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

 


奈良県の住宅・店舗リフォーム、塗装工事、エクステリア・外構はマサシ工務店にお任せ下さい。


会社名:マサシ工務店

住所:〒630-8454 奈良県奈良市杏町115

TEL:090-9547-7443(事務所:0742-87-0507)
FAX : 0742-87-0507

営業時間 : 8:30~20:00 定休日:不定休

対応エリア:奈良市を中心に奈良県内

業務内容:住宅リフォーム、店舗リフォーム、塗装工事、エクステリア・外構、その他の工事

お問い合わせ・ご依頼・求人応募

マサシ工務店へのお問い合わせやお仕事のご依頼・見積もり依頼・求人へのご応募などはこちらからご連絡ください。

pagetop