新着情報 News

マンションの断熱リフォームは必要か


一戸建てに比べると外の温度に影響を受けにくいマンションですが
今回は、マンションでも断熱リフォームした方がいい理由をご紹介していきます。

マンションの床や壁に断熱材って入れられる?

木材の家に比べて、鉄筋コンクリートのマンションには断熱性がほとんどありません。
したがって、断熱対策を何もしないでいると
いくら外気と接する面積が小さくてもその影響をもろに受けてしまうのは避けられません。

しかも、コンクリートは断熱性が低い代わりに高い蓄熱性があります。
ということは、夏になると昼間に溜まった熱は外が涼しくなる夕方以降、室内に向けて放出を始め
冬は逆に夜に蓄えられた冷気が昼間放出されて寒さに拍車をかけるということです。

もし、マンションを暮らしが快適に感じているのであれば、
それは断熱材がしっかりと入っている証拠です。
しかし、30年・40年前のマンションになると断熱対策がされていない物件が多くあります。
そうしたマンションの部屋は、夏は暑く冬は寒々として非常に暮らしにくいものです。
また、結露しやすくカビの原因となってしまいます。

 

 

快適に暮らすためには断熱リフォームをしたいところですが、
問題は一度建てたマンションに後から断熱材を入れることができるかどうかです。

鉄筋コンクリートのマンションにとって、最も効果的な断熱対策はコンクリートの外側に断熱材を組み込む外断熱です。
しかし、一度建てたマンションにそれを施そうとすれば大規模改修になってしまいますし、
部屋単位のリフォームを行うのは、事実上不可能です。
そこで、現実的な方法として考えられるのは室内側からのリフォームです。

部屋の壁や床をはがして断熱材を入れる手法であれば、比較的簡単に行えます。
しかし、断熱材を入れる方法は大きくわけて2種類ありそれぞれに長所と短所が存在しますので
部屋の状況に合わない方法を選ぶと施工が難しくなるのでそれぞれ理解しておく必要があります。

 

主要な2つの断熱方法

断熱材を壁や床に入れる時は、乾式断熱と湿式断熱のどちらかの方法を選ぶことになります。
断熱材を入れる際には、業者と相談してどちらの方法がよいかを決めるところから始めなくてはなりません。

 

乾式断熱

木材を固定して作った下地の間に、発泡スチロール状になった断熱板をはめ込んでいくというものです

この方法のメリットは、比較的簡単に工事ができて費用も安くすむ点です。
また、断熱材の種類も豊富なので予算との兼ね合いで断熱性能を選択することができます。

ただ、断熱材が板状になっているため複雑な形状の場所には貼り付けられません。
それに、断熱材と断熱材の間にはどうしても微小な隙間ができてしまいます。

最近では、その欠点を補うために下地の間にはめ込んだ断熱材の上にさらに断熱材を貼り、
その上から仕上げをするという方法が主流になっています。

 

 

湿式断熱

乾式と同じように木材で下地を作った後、その中に泡状の断熱材を吹き付けていきます。
泡状になっているので複雑な形状でも施工が可能です。
しかも、乾式と違って隙間ができることがないので、より高い気密性による断熱効果が期待できます

その一方で、施工の難易度が高く専門業者しか取り扱えないという欠点があります。
しかし、最大の問題は8階以上のマンションでは施工自体が不可能だということです。
断熱材の泡は、トラックに積んだ大型コンプレッサーによってホースで送り込まれてきます。
それが、8階以上の高さになるとコンプレッサーの力でも圧送できなくなるのです。
また、施工の際にトラックを長時間停める駐車スペースが必要なのも欠点だといえるでしょう。

 

 

断熱リフォームは戸建だけでなくマンションでも施工可能です。

冬場の結露のお悩みや、エアコンの電気代節約にもつながります!

ご検討の際は、マサシ工務店へお気軽にご相談下さい♫

 

 


奈良県の住宅・店舗リフォーム、塗装工事、エクステリア・外構はマサシ工務店にお任せ下さい。


会社名:マサシ工務店

住所:〒630-8454 奈良県奈良市杏町115

TEL:090-9547-7443(事務所:0742-87-0507)
FAX : 0742-87-0507

営業時間 : 8:30~20:00 定休日:不定休

対応エリア:奈良市を中心に奈良県内

業務内容:住宅リフォーム、店舗リフォーム、塗装工事、エクステリア・外構、その他の工事

お問い合わせ・ご依頼・求人応募

マサシ工務店へのお問い合わせやお仕事のご依頼・見積もり依頼・求人へのご応募などはこちらからご連絡ください。

pagetop