新着情報 News

リビングリフォームでの壁紙の選び方①


リビングのリフォームの際に悩みやすいのが壁紙の種類ではないでしょうか?

壁紙はある程度施工価格が似通っており、量産品の壁紙の場合には同価格帯で数十種類ものデザインを選択できます。

そのため、部屋に合った壁紙を選ぼうとこだわると、様々なデザインの中から1枚を選ばなければならなくなるのです!

今回は、リビングリフォームでの基本的な壁紙の選び方やデザインの合わせ方のポイントなどについてご紹介します。

 

壁紙の選び方

リビングは家の中でも長い時間を過ごしたり、お客様をお迎えしたりする機会の多い場所となります。

下記にて、壁紙の選び方についてご紹介します。

 

▶︎リビングの家具や家電と調和する色の壁紙

基本的な壁紙の選び方としては、木目調や黒系の設備に合わせやすい単色で無地の壁紙を選ぶ方法となります。

単色で無地の壁紙はよほど特徴的な色を使っていない限りどんなデザインやカラーリングにも合いやすく、

淡い色か濃い色を選ぶだけでデザインの方向性も整えることが可能です。

壁紙にこだわりがなく、違和感のないデザインにしたい場合には、このような方法で壁紙を選ぶことがおすすめです。

また、デザイン面を抑えることで消臭や防汚、防傷、難燃などの

高機能な壁紙を比較的安い価格で導入できる点もメリットです。

リビングは日常生活の中でくつろぐための空間、1日の疲れを癒やすための空間となるため、

デザインの強さを抑えたシンプルでシックな壁紙を使用することで目に優しい内装になりますよ。

 

▶︎リビングの床や天井とのバランスが良い色の壁紙

次に、天井や床とのカラーバランスを考えて選ぶ方法をご紹介します。

傾向としては、部屋の低い位置にあるものは暗い色、高い位置にあるものは明るい色にするというもので、

床面が濃い色の場合には壁はやや明るめに、天井が明るい色の場合には壁はやや濃い色の壁紙を使います。

壁紙の貼替えでは、壁と天井をまとめて施工することも多いのですが、

この方法で壁紙を選ぶ場合には、天井と壁で使用する壁紙を別のものにすると良いですよ。

天井に向かってグラデーションを付けるように色を薄くすることで、

より室内のデザインに統一感が生まれるのがこの選び方の特徴となります。

注意点としては、天井を暗く、壁や床を明るくすることで室内に重厚感が生まれますが、

どうしても圧迫感も感じてしまいます。

吹き抜けなどで天井が高い場合など、開放感を抑えたい場合には有効な方法となりますが、

壁紙の色が暗すぎると想定以上に圧迫感が生まれてしまうので、施工の際には注意しましょう。

簡単に色の傾向のみを決めて内装をリフォームしたいという場合には、このタイプの選び方がおすすめとなります。

 

▶︎リビングの遮光条件に合わせた壁紙

これは、窓や照明などの状況に合わせて壁紙を選ぶ方法となります。

傾向としては、壁紙の色が明るいほど光を反射しやすくなり、室内の明るさが増すと言われています!

つまり、日当たりが悪い部屋や照明が暗い部屋の場合でも、

壁紙を明るい色のものに変更することで、わずかな光でも室内に反射する光の量を増やすことができるようになります。

それにより、より明るい部屋にすることが可能なのです。

また、日当たりが良い部屋の場合には、

壁紙を濃い色にすることで光の反射を抑え、壁がまぶしく感じるのを防ぐことができますよ。

日当たりの良い部屋の場合は、艶のある壁紙を使うことで眩しさが増してしまうため、

つや消しや凹凸が施されている壁紙を使用することをおすすめします。

壁紙のデザインや色にこだわりつつ、室内の明るさを増したい場合には、

天井部分の壁紙を明るい色にするのも効果的ですよ。

天井を明るい色にすることで、床に反射した日光が天井で拡散されて明るく感じます。

また、照明も明るく感じられようになります。

 

 

次回もリビングリフォームでの壁紙の選び方についてご紹介します。

 


奈良県の住宅・店舗リフォーム、塗装工事、エクステリア・外構はマサシ工務店にお任せ下さい。


会社名:マサシ工務店

住所:〒630-8454 奈良県奈良市杏町115

TEL:090-9547-7443(事務所:0742-87-0507)
FAX : 0742-87-0507

営業時間 : 8:30~20:00 定休日:不定休

対応エリア:奈良市を中心に奈良県内

業務内容:住宅リフォーム、店舗リフォーム、塗装工事、エクステリア・外構、その他の工事

お問い合わせ・ご依頼・求人応募

マサシ工務店へのお問い合わせやお仕事のご依頼・見積もり依頼・求人へのご応募などはこちらからご連絡ください。

pagetop