新着情報 News

バリアフリーリフォームの基本!どこまで必要なのか、、


バリアフリーリフォームはどこまで必要なのか?
いざという時に困らないために、ここまではやっておきたい基本のポイント、
DIYでも簡単にできるアイデア、リフォームならではの問題点などもご紹介して行きますので、
ぜひ参考にしていただければと思います!

バリアフリーリフォームの費用は状況によって様々

バリアフリーリフォームと防犯リフォームは、慌てて行う人が多く感じます。

バリアフリー住宅とは障害物の無い家という意味で、
車椅子や松葉杖でも自由に動きまわることができ、年をとっても安心して暮らすことができる家です。

バリアフリーにするためのリフォームには、
床の段差の解消、手すりの取り付け、ドアを引き戸にするなどの比較的小規模なものから、
廊下を広げる、水まわりを移動する、ホームエレベーターを付けるなどの大規模なものまで、
費用も数千円から1,000万円単位まで幅広くありますので、
状況や予算に合わせてじっくりと計画を立て、我が家に必要な工事をしっかりと見極める必要があります。

 

 

バリアフリーリフォームをするタイミングは?

その手すりは本当に必要でしょうか?先を見据えずにむやみにつければ、かえってジャマになることも。
ではこれらの工事は、いつ行えばいいのでしょうか。

バリアフリーと防犯リフォームは、必要になってから慌ててリフォームを行う人が多いのが現状です。
その時になって慌てないよう、一歩早めの準備をしておくことが大切なのですが、
そうは言っても、将来の全てを見据えて完璧な家作りをすることは難しいものです。

個人住宅のバリアフリーは公共スペースとは違い、これさえやっておけばいい!というものではなく、
個々の事情によってリフォーム内容が異なります。
しっかりと将来を見据えて計画を立てることが大切です。

 

 

その手すりは今必要ですか?

まず、赤ちゃんからお年寄りまで安全に暮らせるよう、バリアフリーの基本を押さえましょう。
バリアフリーリフォームで大切なことは、今すぐ手すりを取り付けることではなく、
いざと言う時に困らないよう、将来の様々な状況に対応できる下準備をしておくことです。

手すりの取り付け位置を例に挙げると、
その時の年齢や身体の状態によって、高さ、左右、向きも異なり、
また今が右利きだからと言って、将来も右手で手すりを握るとは限りません。
実際に使う時になって利き手の握力が弱くなり、反対側に手すりを付け直したケースや、
廊下の両側に手すりを取り付けしたら車椅子が通れなくなり、また外したケースもあります。

では今我が家に必要な工事は何なのか?

まずは年齢に関係なく、赤ちゃんからお年寄りまで安全に暮らせる家にする
バリアフリーリフォームの基本を次回ご紹介しますので、
それらのポイントを押さえつつ、我が家の状況と照らし合わせて、必要な下準備を整えましょう。
どれもリフォームの際の小さな工夫で、住まいの安全性を高めることができるものばかりです。

いざという時に慌てて工事することにならないように
将来のための下準備を、ぜひ検討して見て下さい!

 

 


お問い合わせ・ご依頼・求人応募

マサシ工務店へのお問い合わせやお仕事のご依頼・見積もり依頼・求人へのご応募などはこちらからご連絡ください。

pagetop